トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

BBS-雑談掲示板/229

ページの作成や編集にはユーザ登録が必要です。

 ブログ、SNSの次は?──Wikiのビジネス利用始まる - あき (2007年04月12日 08時59分51秒)

ITmedia のニュースでこんな記事を見つけました。

ブログ、SNSの次は?──Wikiのビジネス利用始まる

ビジネスブログ、ビジネスSNSの次として、ブレイクの兆しを見せているのがビジネスWikiだ。企業がWikiを導入する際の注意点はどこにあるのだろうか?

Wikiの求められる要素として、FSWikiが当初から目指していた方向性は間違えていなかったようですね。今後がより一層楽しみです。

  • WYSIWYG編集という、Wiki記法すら覚えなくて良い操作性があれば、初心者にも分かり易く、普及も早いように思いますね。 - A_M (2007年04月12日 14時13分51秒)
  • やっぱり世の中はそういう流れなんですね(WYSIWYG編集の件について)。^^ WYSIWYGかぁ…。入力と同時に実際の表示がリアルタイムで確認できるっていうのくらいはあったほうが親切かもしれませんね。どこまでできそうかな? Wiki書式挿入編集ボタン程度じゃ足りないってことなんだろうな。HTMLタグレベルで表示できるものなら可能でしょうけど、「プラグインによる処理結果の表示」なんて無理でしょうし…。ってことはやっぱり文字色、文字サイズ程度かな。でも、FSWikiのウリである構造化ドキュメントって観点からするとそういった身勝手な装飾はあまり許容したくない、ってのが本音だったりするんですよね。でも、使ってもらうにはそういった方向性も考えていあないといけないのかな? - あき (2007年04月13日 05時51分27秒)
  • 「身勝手な装飾は許容したくない」には同感です。書式を挿入するだけでなく、変更できる(し易い)というのがWYSIWIGの最大の特徴だと思います。ワープロソフト(Microsoft社のWordやOOoのWriter等)には、「スタイルと書式」という機能があり、選択した行を「見出し1」、「見出し2」、「通常」ように定義でき、見出し1とした部分には見出し1に共通の書式(スタイル)を、後で一括変更できます。こうしたドキュメントの編集方法は、使ってみるとFSWikiの記法に通じる物があると感じます。よく知られる、書式アイコンに頼りきった1枚のドキュメント作成では目立たない機能ですが、ページ管理もワープロソフトに任せてしまう長文作成の使い方では、非常に強力な機能です。 - A_M (2007年04月13日 10時54分17秒)
  • WYSIWYG機能はJavaな外部プラグインで実現したほうが柔軟になる気がします。ブログエディタ転じてWikiエディタですかね。 - tamagame (2007年04月13日 12時40分42秒)
  • Javaな…からまず思い浮かぶのが、JavaアプレットやJavaサーブレットですが、ブログエディタとなるとJavaScriptで実装されたTinyMCEというのがありましたね。「Java〜」の3つの言葉は 端折ってJava と言われたりするのですが、JavaScriptで実装できれば、設置においても手軽になるのかな。 - A_M (2007年04月13日 17時17分35秒)
お名前: コメント:

最終更新時間:2007年04月13日 17時44分56秒