トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

BBS-雑談掲示板/157

ページの作成や編集にはユーザ登録が必要です。

 「プラグイン投稿」からインストールするときに - ZON (2005年12月26日 15時04分13秒)

ども、場当たり改造ばっかりやってるZONです。

先日気づいて BBS-サポート掲示板/472 の方にも書いた事ですがファイルやディレクトリの属性についてです。

プラグイン投稿のページに投稿されているプラグインはUnix以外の環境で作成されたものも(ものが、かな?)多いので、ファイルを解凍した時に得られるファイル属性がまちまちです。このことは、さして重要と言う程の事ではありませんが、ケースによってはエラーとして表面化します。人間とは不思議なもので、この簡単な問題に気づかずに、ついPerlをコマンドラインで立ち上げてシンタックスエラーを疑ってみたりするかもしれません(←僕の事だ)

そこで、無くて良いトラブルを予防するためにドキュメントページのQ&Aにでも書こうかと思っています。以下のような感じでどうでしょう。

Q.投稿プラグインをアップロードしました。管理画面>プラグイン設定で『プラグイン名は出ますが説明が出ません』、そしてインストールしようとするとエラーが出ます
A.ディレクトリやファイルのパーミッションを確認してみましょう。例えば test という名前の投稿プラグインがあった場合、/plugin/testディレクトリの属性が755(drwxr-xr-x)かそれに準ずるものでなくてはいけません。さらに含まれるファイル、例えば Install.pm や TEST.pm の属性も644(-rw-r--r--)かそれに準ずるものでなければなりません。これは「プログラムがそのディレクトリやファイルを読み取れる」事を意味します
    • ※準ずる→ディレクトリの場合705(drwx---r-x)、ファイルの場合604(-rw----r--)というケースもありえます

予防目的なので、こういう文章も考えてみました。

◆プラグイン投稿されたプラグインのインストールを確認する
もし「インストールの方法」があれば、最初にそれにしたがって下さい。次に /plugin ディレクトリ以下の、プラグインが含まれている各ディレクトリが755(drwxr-xr-x)かそれに準ずるパーミッションであることを確認します。特にことわりが無ければ含まれる *.pm ファイルのパーミッションは644(-rw-r--r--)か、それに準ずるパーミッションである事を確認しましょう。余裕があれば最後に Install.pm ファイル内に書かれているプラグイン-ファイル名と実際のファイル名が一致しているかどうかも確認しましょう(多くのサーバーでは大文字小文字が区別されます)
◆改造タイプの投稿プラグインについて捕捉
改造前のファイルのバックアップをとっておくことは基本ですが、ここでもファイルやディレクトリの属性(パーミッション)は事前に確認しておきましょう。場所は /lib 以下です。ファイル内部に手を入れますから、見えない文字、特にtabと空白と改行には留意しましょう。(なかでも『空白』は要注意です。日本語入力で全角空白を使っていませんか?) tab はたいてい無害ですが、改行は大方のサーバーでは LF です(FTPソフトの改行変換に任せる事も可能ではありますが)

あるいはもっと簡単に……

/plugin ディレクトリと /libディレクトリ
投稿プラグインのアップロードや改造の後、各ディレクトリは755(drwxr-xr-x)、含まれる *.pmファイルは644(-rw-r--r--)になっていることを確認する

どうでしょうか。小さい問題ではありますが、人的ミスを防ぐという目的でドキュメントに書き足してよいでしょうか?

  • 万人に有益な情報でしたら、断りもなく載せて頂いて良いと思います。ここに投稿するのと同じような感覚で記載してやって下さい。ここよりも、ドキュメント側の方がインデックスが付いて見やすいですし…。 - あき (2005年12月27日 08時09分07秒)
  • 是非お願いします。 - たけぞう (2005年12月27日 22時21分14秒)
  • どうもです。少し長くなりましたが「Q.投稿プラグインをインストールしようとするとエラーが出る」というタイトルでドキュメントの方に書き込みました。ミス等ありましたら指摘してください。 - ZON (2005年12月28日 10時12分26秒)
お名前: コメント:

最終更新時間:2005年12月28日 10時12分26秒