トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

BugTrack-wiki/160

ページの作成や編集にはユーザ登録が必要です。

3.5.3dev1で世代数を「1」にすると差分が表示されない

  • 投稿者: sh
  • カテゴリ: 本体
  • 優先度: 普通
  • 状態: リリース済
  • 日時: 2004年01月19日 14時44分51秒

 内容

3.5.3dev1で採用された世代バックアップ機能で、世代数を「1」にすると差分が正常に表示されない。具体的には、修正前のページが白紙であったかのように全行が新たに追加されたものとして表示される。

これは、差分の表示には backup/….1.bak が参照されているのに、バックアップの保存が(世代数を「1」にした場合のみ)世代数を含まない backup/….bak というファイル名で為されているためと思われます。

 コメント

  • 報告ありがとうございます。以下のパッチで正しく動作すると思います。 - たけぞう (2004年01月19日 14時56分49秒)
diff -r1.13 DefaultStorage.pm
375c375
< 	if(defined($gen) && $gen ne ""){
---
> 	if(defined($gen) && $gen ne "" && $self->{backup}!=1){
  • 3.5.3dev2で修正しました。 - たけぞう (2004年02月01日 06時38分05秒)
  • 3.5.3でリリースしました。 - たけぞう (2004年04月10日 17時32分45秒)
お名前: コメント:

最終更新時間:2004年04月10日 17時32分45秒