トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

BugTrack-plugin/181

ページの作成や編集にはユーザ登録が必要です。

TypeKeyを利用してユーザログインする機能

  • 投稿者: まかまか
  • カテゴリ: 新規
  • 優先度: 低
  • 状態: 提案
  • 日時: 2005年02月19日 13時40分54秒

 内容

TypeKeyサービスを利用してユーザログインする機能を提供します。

実際例:http://www.donzoko.net/cgi-bin/wiki3_5_3/wiki.cgi/test

 ファイル

typekey100.tar.gz(606)

 インストール

  1. あらかじめCPANAuthen::TypeKeyをインストールします。
  2. アーカイブを展開してpluginディレクトリ下に設置。
  3. 管理画面からtypekeyプラグインのチェックボックスをon。

 ファイル構成

プラグインモジュール

typekey/Install.pm
インストール用
typekey/Login.pm
主要処理

設定

config.dat内にtypekey_tokenでお使いのFSWiki用にTypeKeyトークンを設定します。typekey_cacheにTypeKeyのパブリックキーをキャッシュしておくファイル名を指定します。詳しくはAuthen::TypeKeyhttp://www.movabletype.org/docs/tk-apps.htmlを参考にしてください。

管理者名をtypekey_denyで設定してください(カンマ区切りで複数指定可)。

typekey_token=XXXXXXXXXXXXXXXX
typekey_cache=tkcache.txt
typekey_deny=admin

説明

メニューにTypeKeyという項目が表示されます。クリックすると、既にTypeKeyで認証されていればそのままFreeStyleWikiのユーザログインが完了します。まだ認証されていない場合はTypeKeyのログイン画面に飛ばされます。

TypeKeyでのidがログインユーザ名になります。

既に通常のログインをしている場合、TypeKeyによるログインはできません。

TypeKeyでログインした場合、仮に通常のユーザとして登録されていても、パスワード変更はできません(たぶん)。 間違いでした。readme.txtはそのままですが、この項目は無視してください。

config.dat内にtypekey_denyという項目を加えることで、TypeKeyログインさせたくないidを指定できます(カンマ区切りで複数設定)。

 留意点

  • セッションファイルにはtypekeyというキーと、TypeKeyが返すemailないしはmbox_sha1sumが値として加えられます。
  • Wikiインスタンスメソッドとしてis_typekey_loginedが加わります。

 コメント

  • 試してみました。ユーザの管理をアウトソーシングできるのはいいですね。 - matto (2008年01月06日 03時34分30秒)
  • typekey_denyですが、指定できるのは、管理者なのか、それともログイン拒否ユーザなのか、どちらでしょうか? - shino (2008年01月13日 19時17分29秒)
    • typekey認証を選ばず、FSWikiの認証を優先するユーザ、という意味ではないでしょうか? - matto (2008年01月13日 22時53分14秒)
お名前: コメント:
typekey100.tar.gz

最終更新時間:2008年01月13日 22時53分14秒