トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

サポート掲示板

ページの作成や編集にはユーザ登録が必要です。

FSWikiサポート掲示板

  • 設置に関するトラブルや要望などがあれば書き込んでください。
  • 記事のタイトル一覧をサポート掲示板一覧で見る事ができます。それ以前の過去ログは[サポート掲示板]から参照できます。
  • 投稿する前に
    • Tips、FAQ、サポート掲示板の過去ログに同様の内容がないかを確認してください。
    • バグ報告に関してはバグトラックのほうにお願いします。
    • 機能拡張のためのパッチやプラグインの投稿はプラグイン投稿にお願いします。
      • パッチは本体にあてるものの場合はGPL、プラグインにあてるものの場合はプラグインのライセンスにしたがうものとします。
    • 開発に関するご意見、質問等はメーリングリストにお願いします。
  • FSWikiとは無関係と思われる投稿、コメントに関しては削除させていただきますのでご了承ください。
  • 特定の設置環境でのみ発生するトラブルがいくつかあります。トラブル報告の際には、「どんな設定の」「どのサーバ/レンタルスペースに」「どうやって」設置したかを詳しく書くと、返事がもらいやすいですよ
  • どういうことを書けば回答を得やすいか判らない方は、こちらのページをご一読ください。
お名前
件名
本文

(ページ別名)リンクのブラケット内 インラインwiki書式再評価 - MRB (2018年09月21日 20時57分37秒)

※以下の[]や|などwiki書式は実際は半角です。

通常の[[これは==ゼルダ==’’’リンク’’’です]]は、ブラケットの中のインラインWiki書式が再評価されません。ページ別名リンクでも、[[別名|実際のページ名]]としたときに、別名部分はインライン Wiki 書式は評価されずに処理されています。

例えば、[[これは==本当の名前==別名です|実際のページ名]]としても、<a href="実際のページ">これは==本当の名前==別名です</a>と出力されます。

これを<a href="実際のページ">これは<del>本当の名前</del>別名です</a>のように変換したい場合、どのようにすればよいでしょうか。

別名の方は、Paser.pm の parse_line メソッド部分の、「# ページ別名リンク」の$labelを再度 parse_line に投げて、HTMLParser.pm の wiki_anchor メソッドをページ別名リンクから呼ばれたときにはescapeHTMLしないように拡張する……という感じでしょうか。

  • 自己レスです。wiki_anchor の 「&Util::escapeHTML($name)」→「join("",$self->parse_line(&Util::escapeHTML($name)))」でうまくいきました。特に弊害はなさそう(?)です。deniallineなど他のインラインwiki書式処理は再評価しているのに、なんでwiki_anchorはしていなかっただろう。。。 - MRB (2018年09月21日 21時22分56秒)
  • そうですね。調べてみましたが、特に弊害はなさそうです。url_anchor も同様に再評価させても良いかもですね。 - KG (2018年09月25日 10時13分43秒)
お名前: コメント:

HTMLPaserで出力されるsanchor - MRB (2018年08月18日 15時53分45秒)

「!!」というかたちで見出しを作成したときにだけ、

<span class="sanchor">&nbsp;</span>

が出力されています。

「!!!」と「!」では出力されません。

また、バージョン3.6.1以降は出力されることを確認しました。それより前のバージョンは試していません。

確認したところ、HTMLPaser で以下の通りに場合分けをして、わざわざ出力内容を変化させていました。これは、なにか意図があってこのようにしているのでしょうか。default.css には.sanchorの定義もないので、「$level==2」での分岐をなくしてしまっても問題はないと思っているのですが、、、

# メインの表示領域の場合はアンカを出力
} else {
	if($level==2){
		$self->{html} .= "<h".($level+1)."><a name=\"p".$self->{p_cnt}."\"><span class=\"sanchor\">&nbsp;</span>".
		                 $html."</a></h".($level+1).">\n";
	} else {
		$self->{html} .= "<h".($level+1)."><a name=\"p".$self->{p_cnt}."\">".$html."</a></h".($level+1).">\n";
	}
  • 該当箇所については私も以前気になった事がありました(すっかり忘れていましたけどw)。色々と調査したのですが、CVS時代のログが残っていない為正確なところはわかりませんが恐らくは tDiary テーマに合わせる為の修正ではないかと思われます。 - KG (2018年08月19日 01時39分04秒)
  • FSWiki3.6.3以降がclass="sanchor"出力を行っていますね。 - KG (2018年08月19日 01時58分50秒)
  • ご回答ありがとうございます。tDiaryのテーマは使用していないので、コメントアウトして使用することにします。 - MRB (2018年08月20日 02時23分40秒)
  • 今なら、もうtDiaryに拘る必要もないと思いますので、将来的変更出来るよう検討しておきます。 - KG (2018年08月20日 02時41分14秒)
お名前: コメント:

デフォルトテンプレート時にPC以外でMenuページへのリンク表示 - KG (2018年08月16日 14時10分30秒)

デフォルトのPC以外のテンプレートではサイドメニューが表示されない為、以前より不便に感じる方も多かったと思います。

下記の修正により、PC以外でアクセスする際に上部メニューにMenuページへのリンクが表示されるようになります。

修正ファイル plugin/core/Install.pm
--- plugin/core/Install.pm.org	2018-03-28 14:19:46.000000000 +0900
+++ plugin/core/Install.pm	2018-08-16 14:02:40.000000000 +0900
@@ -9,12 +9,16 @@
 sub install {
 	my $wiki  = shift;
 	my $login = $wiki->get_login_info();
 	
 	$wiki->add_menu("トップ",$wiki->create_page_url($wiki->config("frontpage")),999);
 	
+	if ($wiki->page_exists("Menu") && (&Util::handyphone() || &Util::smartphone())) {
+		$wiki->add_menu("メニュー",$wiki->create_page_url("Menu"),999);
+	}
+	
 	if(&accept_edit($wiki)){
 		$wiki->add_menu("新規",$wiki->create_url({ action=>"NEW" }),998,1);
 	}
 	
 	$wiki->add_menu("編集"  ,"",997,1);
 	if($wiki->{storage}->backup_type eq 'all'){

お試しください。

  • 便宜上、本家サイトには当修正を適用しておきます。 - KG (2018年08月16日 19時50分56秒)
  • 今のところコミット予定はありません。 - KG (2018年08月16日 19時53分19秒)
お名前: コメント:

カート機能の実現 - taka (2018年08月15日 23時32分36秒)

3.6.5でゲームに関するサイトを作成しています。例えば以下のようなページに、「カートに追加する」といったボタンを追加して、任意のアビリティを選択後に、外部のCGIにIDをまとめて送信したいのですが、実現できる方法、参考になるプラグイン等があれば、教えていただけませんでしょうか。

[https://3594battle-mobage.mydns.jp/wiki/wiki.cgi?page=%C1%AE%B8%F7%B7%E2]

  • IDと言うのはWikiへのログインIDですか? もしくはアイテムIDやアビリティIDの様なものかな? おそらく、外部CGIに向けたリクエスト送信用ボタンということですかね?で、パラメータでID指定できる様にしたいという事であってますか? - KG (2018年08月16日 01時28分23秒)
  • コメントありがとうございます。IDはアイテムIDやアビリティIDのことです。複数のページを回ってIDを選んで行って、外部CGIに渡したいです。CGIとの連携はformプラグインを想定しています。 - taka (2018年08月16日 06時26分12秒)
  • formプラグインですか。使ったことはないのですねぇ。。。というのもこの手のプラグインは拙作のレイアウト・プラグインでまかなえてしまいますので、テンプレートを作成してパラメータ条件を定義してしまうとテンプレート内にHTMLとしてある程度は自由に作成できますので・・・例えば{{layout テンプレート名,id:xxxx}}みたいな書式だけでボタンを配置することも可能です。 - KG (2018年08月16日 13時13分24秒)
  • テンプレート内にJavaScriptを記述することもできますので、外部APIとの連携なども実装次第では可能になるかと思います。 - KG (2018年08月16日 13時18分37秒)
  • あ、layoutプラグインの書き方ですが、、、{{layout ....の場合はブロック型プラグインとなりますので、}}は改行する必要があります。1行で記述したい場合は{{ilayout ...}} という記述方法を使用します。 - KG (2018年08月16日 18時20分13秒)
  • ilayoutはインライン型として登録されていますが、インライン型かパラグラフ型かの違いは出力されるHTMLによるものなのでテンプレートの記述次第ということになります。その為、使用時の柔軟性の高いインライン型として登録してあります。 - KG (2018年08月16日 18時23分28秒)
  • ありがとうございます。インライン型で試してみましたが、実現できそうです。 - taka (2018年08月16日 19時17分09秒)
お名前: コメント:

リスト番号の継続 - cadp (2018年08月10日 11時56分01秒)

"+"で作成するリスト番号を見出しを超えて、上部から継続する方法はありませんか?よろしくお願いします。

  • 標準機能としては開始番号指定の機能を実装していない為、実現出来ません。 - KG (2018年08月10日 23時05分44秒)
  • 了解しました。回答をありがとうございました。 - cadp (2018年08月15日 19時32分48秒)
  • レイアウト・プラグイン を使用して上記機能を実現させてみました。テンプレートはこちら - KG (2018年08月16日 19時40分54秒)
  • レイアウトプラグインで指定したオプション(start属性)をJavaScriptを使用してolタグに対して設定するという処理を行っています。 - KG (2018年08月16日 19時43分10秒)
  • インストールしてみました。成功しました。ありがとうございました。。ちなみに"+"では成功するのですが、"++"では開始番号指定が聞かないようです。何か対応策はありますか? - cadp (2018年09月07日 03時54分53秒)
  • 上記対応の為、修正しました。テンプレートはこちら - KG (2018年09月07日 11時52分44秒)
  • 確認しました。ありがとうございました。 - cadp (2018年09月17日 14時51分25秒)
お名前: コメント:

BugTrack-plugin/157について - MRB (2018年07月31日 21時55分49秒)

BugTrack-plugin/157で、今更で恐縮なのですが、3.6.5でつかうと、includeしたものがpタグで囲まれます。

<p>includeした先のHTML</p>

という出力になる、ということです。

このpタグの出力を回避する方法はあるでしょうか? blockプラグインにカスタマイズすればdivになる(訂正:間違っていました)ので、pよりはマシにはなるかな、とは思うのですが。。。

  • もういっそのこと、CSSで全体のPタグをp { margin: 0; padding: 0; }としてしまうのはどうでしょうか - たった (2018年08月02日 15時16分19秒)
  • 今、確認している最中なのですが、3.6.4でも同様になりますね。<p>が付かないのはどのバージョンなんでしょうか? - KG (2018年08月02日 15時25分01秒)
  • 3.6.3でも同様です。インラインとはいえそれ単体での利用であれば同様に<p>でくくられると思います。例えば、文章の途中にinlucde_htmlを記述するなどの利用においては<p>タグは付かないので、仕方のないところではないでしょうか? - KG (2018年08月02日 15時38分29秒)
  • あとは、邪道的な対応としてはJavaScriptで直前の<p>タグを削除するくらいですかねぇ…include_htmlで出力されるHTMLを特定のクラス付き要素でくくっておいて<p>タグの外側に移動させて<p>タグを削除するみたいな感じですかねぇ - KG (2018年08月02日 15時44分05秒)
  • すいません、書き方が悪かったです。。。試したのが3.6.5、ということで、以前のバージョンでは試していなかったです - MRB (2018年08月02日 19時39分01秒)
  • 一応、JavaScriptで対応するためのコードです。include_html プラグインで使用するHTML記述のページでは全体を class='include_html' を含むタグでくくっておく必要がありますので、ご注意を。 - KG (2018年08月02日 19時40分33秒)
document.querySelectorAll('.include_html').forEach(function(e){
    var p = e.parentNode;
    var d = p.parentNode;
    if ( p.firstChild == e) {
        d.insertBefore(e, p);
        p.remove();
    }
});
  • ありがとうございます!! …パラグラフプラグイン版に改変したもの作っちゃいました。せっかくなので添付しておきます。パートごとの読み込みは個人的に不要なのでコメントアウトしていますが、必要な方はコメント外してください - MRB (2018年08月02日 19時44分11秒)
  • Chromeでテストしたところ<div class='include_html'> とDIVタグでくくった場合はダメっぽい。そもそも<p>タグの外に移動させられているw。Pタグ内にブロック要素が置けないからでしょうね。ソース上は入れ子になっているのですが・・・IEは・・・多分入れ子にするんだろうなw - KG (2018年08月02日 19時44分16秒)
  • とりあえず、解決しているようですね。よかったです。 - KG (2018年08月02日 19時46分08秒)
  • 質問の意図を外した回答になってしまってましたけど、自分はこの問題を先に上げたCSSで対応していたのですが、無事解決されたみたいで良かったです。せっかくなので有難くDLして拝見させて頂きます!ありがとうございます! - たった (2018年08月03日 16時18分41秒)
お名前: コメント:

プラグインの両立 - 米澤 (2018年05月21日 13時04分02秒)

FreeStyleWiki3.6.4 で、naviview プラグインを使わせていただいています。プラグイン設定から、_ex_block 複数行プラグインサポートの為の拡張を有効にすると、ナビが消えて、「naviviewプラグインは存在しません。と表示されてしまいます」なんとか両方とも使える方法はありませんか? よろしくお願いします。

  • fswiki3.6.4では複数行プラグインをサポートしている為、本来は_ex_blockプラグインは不要です。以前の_ex_blockを使用している一部のプラグインにおいては_ex_block機能縮小版を必要とするものがありますので、まずは _ex_block プラグインを外して、実行してみてください。複数行プラグインで動作しないものがありましたら、リンク先の縮小版の方に置き換えてください。 - KG (2018年05月21日 14時25分36秒)
  • BugTrack-plugin/203にて機能縮小版を公開しました。(自サイトのモノと内容は同じ) - KG (2018年05月21日 14時36分26秒)
  • さっそくのお答え、ありがとうございました。 - 米澤 (2018年05月21日 14時56分41秒)
  • うまくいきました。m(_ _)m - 米澤 (2018年05月21日 14時57分27秒)
お名前: コメント:

FSWiki 3.6.5 Apache2 のエラーメッセージ - れおまる (2018年05月07日 16時46分54秒)

Apache2 のエラーメッセージに以下が記録されます。

CGI::param called in list context from lib/CGI2.pm line 106, this can lead to vulnerabilities. See the warning in "Fetching the value or values of a single named parameter" at /usr/share/perl5/CGI.pm line 412.

wiki3_6_5.zip を展開して、setup.sh を実行した状態のログです。

使用環境は Debian 9 です。

$ /usr/sbin/apache2 -v
  Server version: Apache/2.4.25 (Debian)
  Server built:   2018-03-31T08:47:16
  • CGI2.pmに下記を追加することで、エラーは回避できるかと思いますが、如何でしょうか - たった (2018年05月07日 18時21分30秒)
 use vars qw(@ISA);
 use strict;
 @ISA = qw(CGI);
 
+$CGI::LIST_CONTEXT_WARN = 0;
 #==============================================================================
 # コンストラクタ
 #==============================================================================
  • 上記、記述をわかりやすく修正させていただきました。たったさんのご指摘通りの修正にて警告は回避できます。根本的な対応としては現在検討中です。 - KG (2018年05月07日 18時51分23秒)
  • 正式採用するかどうかはわかりませんが、下記のように対策を検討しています。 - KG (2018年05月07日 20時36分03秒)
--- lib\CGI2.pm~    2017-11-30 16:06:48.000000000 +0900
+++ lib\CGI2.pm    2018-05-07 20:33:06.000000000 +0900
@@ -100,13 +100,18 @@
             }
         } else {
             return map { &Jcode::convert(\$_, "euc") } $self->CGI::param();
         }
     } else {
         if(defined($name)) {
-            return $self->CGI::param($name, $value);
+            if(CGI->can('multi_param')){
+                my @values = $self->CGI::multi_param($name, $value);
+                return $#values > 0 ? @values : $values[0];
+            } else {
+                return $self->CGI::param($name, $value);
+            }
         } else {
             return $self->CGI::param();
         }
     }
 }
  • 対策と言うより回避策にしかなりませんけどね。 - KG (2018年05月07日 20時48分56秒)
  • 有難うございます。お陰様でエラーメッセージは、無くなりました。 - れおまる (2018年05月08日 20時06分02秒)
お名前: コメント:

FSWiki 3.6.5 (and 3.6.4) using perl 5.26 - Zak (2017年11月23日 16時28分10秒)

FreeStyleWikiの SVN コードリポジトリ https://svn.osdn.net/svnroot/fswiki/ の r149 でしか試しておりませんが、以下の修正を行うことで動作するようになりました。( 3.6.4 等に対しても有効と思われます。)

修正方法:

fswiki/lib/Wiki/Parser.pm  中の {{ を \{\{ に変更。
ただし、そのファイル中の 
-------
push @parsed, '{{'; 
-------
となっている行の {{ は変更してはなりません。

なお、wiki で作成した文章を[保存]すると以下のようなエラーが出ますが、ブラウザで戻って[一覧]をクリックすると正しく保存されていることを確認できます。

Software Error:

Can't call method "hook" on an undefined value at lib/Wiki.pm line 376.

ちなみに、このエラー表示は perl の param() call の出力がコンテキストにより scalar にも array にもなり得るため、scalar を想定して書かれたスクリプトに対して array が来た場合などにおいて脆弱性や不具合などにつながる可能性があることに起因しておりますので、FSWiki の hook 処理や param() の出力を利用する処理を修正することで直ると思います。

  • これ、修正対象は Parser.pm の方ですね。貴重な情報をありがとうございます。 - KG (2017年11月24日 13時35分12秒)
  • 当情報による修正点を他のファイルも含め本体に取り込みました。r150 - KG (2017年11月30日 18時04分03秒)
お名前: コメント:

bbs2プラグインを使った投稿でのページ閲覧権限について - とも (2017年10月13日 04時43分05秒)

ページの閲覧は「誰でも可能」、ページの作成・編集権限は「ログインユーザーのみ可能」、ページの参照権限のデフォルト値は「ログインユーザのみ可能」に設定しています。投稿専用ページにbbs2プラグインを実装して、ユーザーのみ投稿可能、掲示板の閲覧は「誰でも可能」にするにはどうしたらよいでしょうか。

  • 私もそれやりたかったんですが、いまは手動で変更しています。やれるのかな? - ふる (2017年10月14日 19時33分48秒)
  • 随分と経ってしまいましたが、、、、bbs2プラグインではそういった細かいアクセス制限はできないので、他のプラグインと組み合わせるといいかもしれません。例えば、ログインしていない場合は投稿フォームを隠す・・・など。ログインユーザーのみ表示可能なページに投稿フォームを作成し、includeプラグインで閲覧可能なページに挿入すれば可能だと思います。no_list オプションと bbs2listを使用する必要があります。また、拙作のレイアウトプラグインでログイン状況を条件指定可能な機能がありますのでそれを条件としたテンプレートを作成すればログイン時のみ表示するといった制御が可能です。:-) - KG (2017年11月14日 13時28分50秒)
お名前: コメント:

BugTrack-plugin 160 について - guests (2017年07月22日 04時37分38秒)

BugTrack-plugin/160 にコメントできなかったのでこちらで・・・

div_beginでたとえばclass=”foo bar”(実際は半角)のように複数クラスを設定すると動作が不正になります。今更ですけどどなたか改修方法わかるでしょうか

  • このページBBS-サポート掲示板/730とか参考になりそうな - 名無しさん (2017年07月24日 14時31分23秒)
  • とりあえず common.pm への簡単な修正点です。あまり複雑なチェックではないので動かなければあきらめてください。 - KG (2017年07月24日 19時02分51秒)
@@ -9,9 +9,13 @@
 {
   my ($valid_attr_list, $attribute) = @_;
   my $output_attribute;
+  my $s = '';
 
   #安全そうな属性だけを選んでその属性だけを活かす
   foreach(split(/ +/, $attribute)){
+    if (/\w+=["'][^"']+$/) { $s .= $_.' '; next; }
+    if ($s ne '' && $_ !~ /^[^"']+["']$/) { $s .= $_.' '; next; }
+    $_ = $s.$_; $s = '';
 
     #「=」の存在する属性は有効な属性であるかチェックし、危険そうな文字列が無いかもチェックする。
     #「=」より後ろの文字列をサニタイズする。また引用符で囲まれていなければ囲む。
  • class="foo bar baz" title="div tag title desu." などの指定もできると思います。 - KG (2017年07月24日 19時05分49秒)
お名前: コメント:

rawプラグインは何処にありますか - k-inoue (2016年11月17日 13時18分02秒)

Ver3.6.4を使用しています。rawプラグインが見当たらないのですが、Ver3.6.5からでしょうか。

  • fswiki3.6.5で実装されているRAWプラグインを添付(fswiki365-plugin-core-raw.zip(141))しました。core フォルダに導入してください。Install.pm もRAWプラグインを含んだものに置き換わります。 - KG (2016年11月18日 14時49分19秒)
お名前: コメント:

Windows10でのFSWikiの設置について - べ。 (2016年08月14日 23時11分17秒)

過去にWindows7およびWindows8のマシンにおいて,自分のPCに自分用のFSWikiを立ち上げ,いずれもWindows10にアップデートした際に多少問題はありましたが,きちんと動作していることを確かめているのですが,今回,新規のWindows10のマシンで立ち上げようした際に下記のエラーメッセージが表示され困っております.

500 Internal Server Error
The server encountered an internal error or misconfiguration and was unable to complete your request.
  • 環境
    • FSwiki3.6.2
    • Windows10
    • Active Perl 5.24: ActivePerl-5.24.0.2400-MSWin32-x64-300558.zip
    • Apache 2.2: httpd-2.2.25-win32-x86-no_ssl.msi

用途は個人用です.

Apacheのerror.logでは下記のようなエラーメッセージが出ております.

[Sun Aug 14 22:54:24 2016] [error] [client 127.0.0.1] Premature end of script headers: wiki.cgi
[Sun Aug 14 22:54:24 2016] [error] [client 127.0.0.1] Can't use 'defined(@array)' (Maybe you should just omit the defined()?) at lib/CGI.pm line 365.\r
[Sun Aug 14 22:54:24 2016] [error] [client 127.0.0.1] Compilation failed in require at lib/CGI2.pm line 7.\r
[Sun Aug 14 22:54:24 2016] [error] [client 127.0.0.1] BEGIN failed--compilation aborted at lib/CGI2.pm line 7.\r
[Sun Aug 14 22:54:24 2016] [error] [client 127.0.0.1] Compilation failed in require at lib/Wiki.pm line 8.\r
[Sun Aug 14 22:54:24 2016] [error] [client 127.0.0.1] BEGIN failed--compilation aborted at lib/Wiki.pm line 8.\r
[Sun Aug 14 22:54:24 2016] [error] [client 127.0.0.1] Compilation failed in require at C:/usr/Apache2/cgi-bin/wiki.cgi line 28.\r
[Sun Aug 14 22:54:24 2016] [error] [client 127.0.0.1] BEGIN failed--compilation aborted at C:/usr/Apache2/cgi-bin/wiki.cgi line 28.\r

ちなみに,自分で作成したhello.cgi(helloを表示させるcgi)も動き,setup.cgiを使ってsetup使用としても問題なく動いております.また,今回使っているfswiki,cgiはこれまでWindows7やWindows8で動作を確認しているものをつかっています.

何かインストールしなければならないものがあれば教えていただけませんでしょうか.

  • Perl v5.22 以降で発生するエラーが表示されているようですが、古いバージョンのCGI.pm を libフォルダ配下に置いていませんか? - KG (2016年08月16日 22時13分53秒)
  • KGさん,返信ありがとうございます.確かにCGI.pmは古いものでした.これを機に3.6.4にバージョンアップしてみたら,きちんと動作するようになりました. - べ。 (2016年08月17日 17時28分54秒)
お名前: コメント:

引っ越しに際して - たてやま (2016年07月28日 17時27分43秒)

最近、サーバーの引っ越しを任され、行っていて問題が発生したため質問させていただきます。よろしくお願いします。

10年ほど前に、デスクトップのMacにFreeStyleWikiをインストールし、長年Webページを公開していました。そして最近、マシンの老朽化に伴い、新たなMacのデスクトップを用意し、Apache等の設定を行い、FreeStyleWikiも引っ越しを行いました。具体的には、scpコマンドを用いて、旧サーバ上のWebページのディレクトリをそっくりそのまま新サーバへコピーしました。

ですが、コピーしただけではInternal Server Errorを起こしました。Apacheのエラーログを確認して、「lib/CGI内にUtil.pmが見当たらない」、「lib/CGI内にCoockie.pm」が見当たらない」などのエラーが出ていたので、/Library/Perl/5.18/CGI などから(多分)同じファイルを持ってきて、パーミッションを変更したところ、Internal Server Errorは出なくなりました。

しかし、Webページ内のページ移動のボタンを押しても、「不正なアクションです」というメッセージが出て、何もできません。 Webページには、自己紹介ページ、BBS、ファイル置き場などがあるのですが、そのどれもが上記のようなメッセージを出すだけで、機能していません。Webページ内に貼ってある、他のWebページヘのリンクは、無事に飛ぶことができます。

足りない情報などは、追記していきます。アドバイスをよろしくお願いします。

  • とりあえず、「不正なアクションです」をこのWikiサイトで検索してみてはどうでしょう。 - きよ (2016年08月02日 16時53分27秒)
  • 「Webページ内のページ移動のボタン」ということはプラグイン起因のエラーですかね。 本体のコードから「不正なアクションです」のエラーを文字検索して原因を類推してみるのも手ですね。 - 名無しさん (2016年08月05日 17時08分38秒)
  • 不正なアクションです、でWikiサイト内検索し、調べてみましたが、解決に繋がりそうな前例はありませんでした...。 - たてやま (2016年08月09日 15時58分19秒)
  • 上記情報だけでは判断しかねます。まずはFSWikiのバージョンとperlのバージョンを教えてください。また、apacheのエラーログには他のエラーメッセージは表示されていないということでしょうか? - KG (2016年08月12日 12時58分11秒)
  • Perlのバージョンは5.18ですか?旧サーバーでのバージョンが分かるようでしたらそれも教えてください。新サーバーへ以降の際にfswikiのバージョンアップ等は行っていないということですよね? - KG (2016年08月12日 12時58分48秒)
  • キャッシュの削除はしましたか - 名無しさん (2016年12月09日 14時58分22秒)
お名前: コメント:

FTPでdataディレクトリのwikiファイルがダウンロードできない - GW (2016年04月29日 14時22分23秒)

失礼します。FTPの使い方の問題であって、FSWikiの質問ではないかもしれませんが、ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

10年ほど前にWAKWAKサーバに FreeStyleWiki3.5.10を入れました。最近になって、テーマを切り替えようとしたらサーバの環境が変わったのか、いつの間にかテーマ切り替えのところでエラーになるようになりました。そこで、これを機に新しいバージョンのFreeStyleWiki(FreeStyleWiki3.6.4)を別ディレクトリにインストールし、古いディレクトリのdataの中身をダウンロードして移植しようと試みました。ところが、dataディレクトリ内の%つきのwikiファイルがコマンド: RETR ***.wikiレスポンス: 550 ***.wiki: Forbidden command argumentとなってしまい、ダウンロードできません。(SSHが使えれば圧縮しちゃおうと思ったのですがWAKWAKはSSH使えない)皆さんはどうやってダウンロードしていますか?

  • サーバー側の問題のようなので他のFTPクライアントでも同じでしょうね。フォルダごと圧縮できるようなCGIを配置して取得する方が良いかもしれません。 - KG (2016年04月29日 20時24分35秒)
  • お返事ありがとうございます。やはりCGIで圧縮する方が早そうですね^^;やってみます。 - GW (2016年04月29日 20時50分27秒)
お名前: コメント:

SourceForge.jpのサイトが見れなくなった - nico (2016年03月19日 15時16分37秒)

SourceForge.jpのサイト上にUPしたFSWikiがInternal Server Errorになってしまいました。どのファイルのパーミッション設定を変更すればいいのかよければ教えてください。

スクリプトの先頭辺りの下記の場所に+が付いてる部分を+を省いて追加されるか

BEGIN {
	if(exists $ENV{MOD_PERL}){
		# カレントディレクトリの変更
		chdir($ENV{FSWIKI_HOME});
	}
#下記を追加する事でエラー内容がブラウザに表示されます。 
+$| = 1;
+print "Content-type: text/html\n\n";
+open(STDERR, ">&STDOUT");
}

のように+部分を追加するか先頭の適当な場所に

use CGI::Carp qw(fatalsToBrowser);#エラー内容がブラウザに表示されます。

を追記されると

Internal Server Error

となっている原因がブラウザーに表示されるようになりますよ - たった (2016年03月21日 14時30分31秒)

  • 返信ありがとうございます。 実はとある理由でSourceForge.jpサイトにFSwikiを移設したのですが、いかんせん素人がなんとか頑張ってUPしたものでPerl系は全然わかりません;; KGさんのコメント見て、おそらくSourceForge.jpの場合デフォルトのパーミッション設定では見れない状態なのだろうと推察し、wiki.cgiとsetup.sh,setup.dat,.htaccesを755に変更したところPermission denied: ./log at lib/CGI2.pm line 34. と出ます、たったさんの上の文を追記するとContent-Type: text/html Software Error: Permission denied: ./log at lib/CGI2.pm line 34. と出ます、下の文だとSoftware Error: Permission denied: ./log at /ディレクトリ/wiki.cgi line 104. at lib/Util.pm line 708. となります。もはや自分では修正出来ないレベルにあるかなと、あきらめ状態におちいってますw。 - nico (2016年03月21日 16時16分20秒)
  • setup.dat内にある log_dir = log(エラーを見る限りlogと指定していると思います)の指定してあるlogディレクトリのパーミッションを755か705にされるとエラーはなくなると思いますが如何でしょうか?またこのディレクトリがない場合も同じようなエラーがでますので、ディレクトリを作成されていない場合は自分でlogディレクトリを作成してパーミッションを755or705に指定されてみるとエラーは無くなると思います。 - たった (2016年03月22日 09時47分45秒)
  • う〜ん wiki.cgiは755にして上記エラーが出てるんですよねえで、line104とは104行目がなんかダメってことじゃないでしょうか?その後ろのat lib/Util.pm line 708も708行目がなんか問題ありって感じですかねえ、たったさんの上の表記と下の表記でエラー内容変わるってのもおかしいですよねえ、参りました;;。 - nico (2016年03月22日 15時07分04秒)
  • 最新版のwiki3_6_4.zipに入っているlib/Util.pmでは、702行しかないので、lib/Util.pm line 708となっているのは意味不明ですね。う〜ん・・・。無改造の素の状態のをセットアップされておられますか?「SourceForge.jpのサイトが見れなくなった」という事ですので、それまでは見えてた。という事であれば、何か変更した事など思い出されて元に戻されてみるとか、動く状態のと現在のを比較されて原因特定されてみると問題解決に結びつくと思うんですけど・・・。通常wiki.cgiと各ディレクトリを755にすれば動くはずなんですけどね。何かお力に添えてないようですみません。 - たった (2016年03月23日 11時00分49秒)
  • いえいえ付き合っていただきありがとうございました、もともと@ページの鯖にUPしてたんですが、あちらがperl系のwikiはセキュリティ的に危ないということで全面禁止になってしまい、それでしかたなくSourceForge.jpサイトにFSwikiを移設したので、素の状態ではないです、でここのTOPページのKGさんのコメントを見たところ、この本家もSourceForge.jpでUPしてあり、2月にOSDNのサーバー環境変更があったようなのでその影響で見れなくなってしまったようです。 - nico (2016年03月23日 13時56分12秒)
  • あ、やはり素の状態ではないんですね。そういえばエラーになっていた時期がありましたね。自分も同じ時期fswikiの利用方法について色々調べていてこちらが参照不可能になっていたので、KG殿のサイトへ直接質問させて頂いてた時期でした。SourceForge.jpでCGI利用という事ですと、fswikiの派生版を・・・という形になるのですか? - たった (2016年03月23日 20時00分18秒)
  • いや特に改造はしてないです、プラグインの追加程度ですので、そういう意味では素なんでしょうか? - nico (2016年03月24日 03時52分28秒)
  • お待たせしました。CGI2.pm(34行目)との事ですので該当箇所を見ると session_dir の箇所になります。恐らく log_dir を同じ場所になっているでしょうから、たったさんのご指摘のとおりログディレクトリのパーミッションを確認してください。また、今回の osdn.jp の修正は実行ユーザーが変わっています。osdn側では以前の実行ユーザーと同じオーナーのものはオーナー情報を新規実行ユーザーに変更しているので問題ないだろうとの見解ですが、パーミッションのグループが実は変更になっており、さまざまな不具合(というか権限エラー)が出てしまっています。今回の取り掛かりとしてはログディレクトリの権限変更ということになりますが、その他ディレクトリ、およびファイル読み書き権限等を見直しされたほうが良いです。 - KG (2016年03月24日 18時09分27秒)
  • 新たに新規でDLしたFSWIKIをUPしてみたところ、Permission denied: ./log at lib/CGI2.pm line 34. と出ます、でCGI2.pmファイルと、logフォルダ?のディレクトリを755にしてみたところ以下のエラーが出ています;;
HTML::Template->new() : Cannot open included file ./tmpl/site//.tmpl : file not found. at lib/HTML/Template.pm line 1616. 
HTML::Template::_init_template(HTML::Template=HASH(0x99f144c)) called at lib/HTML/Template.pm line 1189 
HTML::Template::_init(HTML::Template=HASH(0x99f144c)) called at lib/HTML/Template.pm line 1083 
HTML::Template::new("HTML::Template", "filename", "./tmpl/site//.tmpl", "die_on_bad_params", 0, "case_sensitive", 1) 
called at /home/ディレクトリ/cgi-bin/wiki.cgi line 209 eval {...} called at /home/ディレクトリ/cgi-bin/wiki.cgi line 48 

- nico (2016年03月24日 23時02分31秒)

  • あ、プラグイン追加程度なんですね。えと、新規にセットアップされたとの事で今回のエラーですが、config/config.dat内の下記箇所をデフォルトの設定にされると、初期状態の画面が表示されると思います。「site_tmpl_theme=default」もしくはこのファイル内全体で「"site_tmpl_theme"="default"」という形でダブルクオーテーションでそれぞれキーと値が囲まれるようになっていれば問題なくdefaultのテンプレートが読み込まれると思います。 - たった (2016年03月25日 11時52分05秒)
  • 少し調べさせていただきました。configディレクトリ内のファイルをアップロードし忘れていませんか? - KG (2016年03月25日 13時43分27秒)
  • たったさんのダブルクオーテーションやってみましたが変化なしでしたというか、いまデフォルトの物を入れ直してみたのですけどねえ、KGさんのおっしゃるようにconfig内のファイルを入れ忘れておりましたが、入れても状態が変わりませんねえ、上記と同じエラーが出てきます、自分でも頭が混乱してきてなんか操作間違ってるのかと不安になってきましたw
1 まず新しいFSWIKIをDLし、サイトにUPしReadmeの通りパーミッションとフォルダ作成の設定
 2 この時点でInternal Server Error500が出る、よってwiki.cgiを755に変更
 3 するとPermission denied: ./log at lib/CGI2.pm line 34. のエラーが出る。 
 

新規のFSWIKIを入れてもこういう状況になるんですよねえ。よければKGさんがやった修正作業を教えて欲しいのですが、もしパーミッション設定だけでなく、ご自分の環境に合わせた設定をファイルに書き込まれているのであれば、もう私には修正は不可能かなと思っておりますう;;

- nico (2016年03月25日 18時18分00秒)

  • エラー情報を見るとテンプレート名が入っていませんので config/config.dat へアクセスできないようですね。今回のosdn.jp の対応ではグループ権限にて実行していますので、パーミッション設定では今までOtherにて権限付与していた部分をグループに変更して考えてください。 つまり、簡単に言うと ディレクトリは 755 or 750, ファイルは 666 or 660 といった感じです。 - KG (2016年03月28日 14時28分35秒)
  • .htaccess にて適切なアクセス権を設定していれば上記パーミッションでも大丈夫でしょう。一旦これらのパーミッションに変更して試してみてはどうですか? - KG (2016年03月28日 14時30分21秒)
  • あ上記のエラーはアクセス場所を間違えてました、よってもう一度入れ直してみました、707ファイルとwiki.cgiをすべて755へ変更、606ファイルを666に変更、そうしたところ Lock is busy. at plugin/core/ShowPage.pm line 68. at lib/Util.pm line 679. となります。ちなみにhtaccess は allow from allにしてみました これでフルアクセスかなあ。 - nico (2016年03月28日 20時44分00秒)
  • 過去ログより log,pdf,data,attach,backupは、777を,data,config,log内のファイルを666と設定とありそのようにしたところTOP画面出ました、有難うございましたm_ _m - nico (2016年03月28日 21時09分12秒)
  • すいません、私の方も間違っていました。せめて ディレクトリを 775 or 770 ファイルを 664 or 660 でもいけるはずです。 - KG (2016年03月28日 21時30分12秒)
お名前: コメント:

特定のactionにログインを強制したい - 名無しさん (2015年04月18日 15時14分52秒)

「一覧」や「ソース」などのWikiメニューを単に非表示にするのではなく、クリックした際にログイン画面を表示させるにはどうしたらよいでしょうか?

  • 下記のようなプラグインで、希望を実現できるかもしれません。BugTrack-plugin/407 - た (2015年04月19日 05時57分04秒)
  • た様、ありがとうございます。ご教示いただいたプラグインだと、「一覧」「ソース」に対するログインフォームの表示はできないようです。 - 名無しさん (2015年04月26日 21時18分32秒)
お名前: コメント:

日本語が含まれるURLをリンクしたい - MRB (2015年01月13日 19時52分47秒)

最近のブラウザではURL欄にURLを日本語にしたかたちで表示してくれるものが多いです。たとえば、Wikipediaの「ウィキペディア」のページのURLは「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%AD」ですが、ブラウザ(chromeやFirefox)では「http://ja.wikipedia.org/wiki/ウィキペディア」と表示してくれます。

ここで、「http://ja.wikipedia.org/wiki/ウィキペディア」と表示されたものをFSwikiに張り付けると、期待するリンクにはなりません。

ユーザー側にURLエンコードさせるのは難しいので、何とかWiki側で対応したいのですが、何かうまい方法はあるでしょうか。Parser.pmをいじれば何とかなりそうではありますが。。。

  • http://fswiki.sourceforge.jp/cgi-bin/wiki.cgi?page=BugTrack-plugin%2F157 のinclude_htmlプラグインを使うと日本語を含むリンクうまくいきましたよ - た (2015年01月13日 21時59分09秒)
  • ありがとうございます。リンクのためだけに当該プラグインを使ってもらうのは難しそうなので、当面は日本語URLを変換してくれるウェブサイトへのリンクを編集ページに追加しておいて、ユーザに対応してもらうようにしました。 - MRB (2015年02月03日 02時29分34秒)
  • あまり良い方法ではないかもしれませんが・・・以下のような修正で"[日本語を含むURL]"という記述をそのままリンクとして出力にすることができると思います。Perser.pm の parse_line 関数内の "任意のURLリンク"の部分です。安全の為[]内のURLのみ対象としました。 - KG (2015年02月17日 19時36分01秒)
       # 任意のURLリンク
       elsif ($source =~ /^\[([^\[]+?)\|(.+?)\]/
           || $source =~ /^\[()([^\[]+?)\]/
           )
       {
           my $label = $1;
           my $url   = $2;
           $source = $';
           if (   index($url, q{"}) >= 0
               || index($url, '><') >= 0
               || index($url, 'javascript:') >= 0)
           {
               push @parsed, $self->parse_line('<<不正なリンクです。>>');
           }
           else {

               # URIを作成
               my $wiki = $self->{wiki};
               my $uri  = $wiki->config('server_host');
               if ($uri eq q{}) {
                   $uri = $wiki->get_CGI()->url(-path_info => 1);
               }
               else {
                   $uri
                       = $uri
                       . $wiki->get_CGI->url(-absolute => 1)
                       . $wiki->get_CGI()->path_info();
               }
               if ($url =~ /^(?:https?|ftp|mailto):/) {
                   $label = $label eq "" ? $url : $label;
                   push @parsed, $self->url_anchor($url, $label);
               }
               else {
                   push @parsed, $self->url_anchor($uri . '/../' . $url, $label);
               }
           }
       }
  • ちなみに、URLとして記述されたものをそのまま出力する為、当然ながらブラウザーによっては該当のリンク先にならない可能性がありますが、最近のブラウザーであれば大丈夫でしょう。モバイル端末でどうなるかはわかりませんが・・・ - KG (2015年02月17日 19時45分09秒)
  • うおおおお、ありがとうございます。試してみます - MRB (2015年02月18日 22時14分11秒)
お名前: コメント:

process_wiki を使ってWikiフォーマットの文字列をHTMLに変換して返そうとした場合のエラーについて - ?? (2015年01月12日 01時21分34秒)

ふと、HTML化できないかな・・と、下記のページを参考にしてやってみたのですが

http://d.hatena.ne.jp/suer/20091207/1260164295

何かのプラグインを使っている場合は、そこの箇所が「***プラグインは存在しません。」となってしまうのです。

ここの時に、プラグインを読みこませて表示させるようには出来ないものでしょうか

Wiki.pmの中身を見て見ましたが、イマイチどのようにしてよいのか分からなかったので、質問させて頂いてます。

  • こちらに wiki2html.pl というスクリプトが公開されています。これでできるのではないでしょうか? - KG (2015年01月12日 01時22分33秒)
  • KGさん 移転のお気遣いと、wiki2html.plのご案内ありがとうございます。拝見してみます。 - た (2015年01月12日 09時29分50秒)
  • お教え頂いたの試してみましたが、プラグインが有効にならないのは同じでした。 - た (2015年01月13日 17時43分30秒)
  • そうでしたか、それは失礼しました。プラグインに関しては wiki.cgi の下記の箇所を実装することで動作するかと思われます。 - KG (2015年01月14日 10時38分27秒)
   #==============================================================================
   # プラグインのインストールと初期化
   #==============================================================================
   my @plugins = split(/\n/,&Util::load_config_text($wiki,$wiki->config('plugin_file')));
   my $plugin_error = '';
   foreach(sort(@plugins)){
       $plugin_error .= $wiki->install_plugin($_);
   }
   # プラグインごとの初期化処理を起動
   $wiki->do_hook("initialize");
  • KGさん、ありがとうございます。 - た (2015年01月14日 22時58分59秒)
お名前: コメント:

クリッカブル・マップの使用について - kazu (2014年07月31日 13時05分06秒)

こんにちは

FreeStyleWiki3.6.4を使用しています。

FSWiki上でクリッカブル・マップを使用したいのですが、htmlの記入など、使用する方法を御存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授頂ければ幸いです。

是非、よろしくお願いします。

  • 拙作ですがイメージマップ・プラグインで使用可能かと思います。FSWikiの最新版にて使用できるかどうか試していませんが、エラーが出るようでしたらご報告ください。 - KG (2014年08月01日 09時08分00秒)
  • 上記プラグインは fswiki 3.6.4 での利用でしたら 複数行対応プラグイン の導入は不要です。 - KG (2014年08月01日 09時12分36秒)
  • ズバリの素晴らしいプラグインがあったのですね!!!、ありがとうございます。早速使用させて頂きます! - kazu (2014年08月02日 09時24分33秒)
  • 1点質問がありますが、mapeditのリンクが切れておりますが、マップのエリア情報を作成するオススメのツールがあればご教授いただけないでしょうか?、よろしくお願いします。 - kazu (2014年08月02日 09時26分01秒)
  • マップはPicoClickというソフトを使用して、無事動作しました - kazu (2014年08月02日 11時12分46秒)
  • 質問がありますが、クリックした時にページに飛ぶことはできますが、ページ内の任意の場所に飛ぶことはできますでしょうか?、ページ名#pNを指定してみたのですがダメでした、、、よろしくお願いします。 - kazu (2014年08月02日 11時15分21秒)
  • 遅くなりましたが、パート指定に対応しました。イメージマップ・プラグイン - KG (2014年08月05日 12時29分51秒)
  • こちらこそ遅くなり申しわけありません・・・、対応して頂けたのですね!!!、本当に本当にありがとうございます!!!、ものすごく助かります! - kazu (2014年08月09日 20時32分50秒)
お名前: コメント:

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 ]

最終更新時間:2011年08月03日 23時16分46秒